歯槽膿漏は不治の病ではなくなった

歯槽膿漏とは「歯を支えている歯槽骨から膿が漏れている状態」を指す言葉ですが、現在ではこの状態も含めて歯周病と呼ばれることの方が一般的になってきています。
歯茎の腫れや痛み、出血、口臭等を引き起こし、最悪の場合歯が抜け落ちるという結果になります。
現在では生活習慣病の一つにあげられており、全体の約7割の人に何らかの症状があらわれていると言われています。

その原因は歯磨きの際の磨き残しが歯垢(プラーク)となって歯茎の間に入り込み細菌が増殖し、歯を支えている周囲の組織を壊していくという恐ろしい病気です。
歯を失う原因の第一位になっています。
最初は歯茎の先が少し赤いという程度の症状から始まり、放置しておくと長い年月をかけてどんどん進行していきます。
その原因は歯垢の中に存在する歯周菌と呼ばれるもので、現在では口腔内にある多くの細菌の中でいくつかの種類が特定されています。

現代では予防歯科的な考え方が普及してきており、定期的に歯科検診を受ける人の割合も増えてきつつあります。
専門家に正しい歯磨きの方法を指導してもらい実践すること、定期的に歯科受診して自分では落とせない汚れをプロのケアを受けることによって落としてもらうこと、これを実践することで歯周病の予防や改善は可能なのです。

年を取ると歯槽膿漏になって歯が抜けるのは仕方ないと不治の病のように考えられていたのは昔の話になってきています。
きちんと治療を行えば進行阻止も可能であり、症状の改善も期待できます。

近年では歯周病に対する治療の選択肢も増えてきており、口の中の虫歯菌や歯周病菌をうがいで殺菌できる殺菌水も開発されてきています。
また特定の体内で有益な菌を増やすことで歯周病を予防できるという事も分かってきています。
生活改善が有効なことも立証されています。

また進行した歯槽膿漏に対しても歯茎を切開して奥まで入り込んでいる歯石を除去したり、機能しなくなった歯茎を切除して新しい歯茎の再生を促すなどの外科的処置による治療も行われています。
歯が抜けるのは仕方ないと諦める前に治療の方法はいくつもあり、歯槽膿漏も不治の病ではなくなってきています。

歯周病は全身の疾患とも大きく関連があります。
例えば糖尿病ですが、糖尿病の人の多くは歯周病にかかっているとか、歯周病の治療を行って糖尿病が改善したという報告も多くあります。
また肺炎と歯周病も大きな関連性があります。
高齢者の死因第一位は肺炎ですが、その中でも割合の多いのは嚥下機能の低下によって引き起こされる誤嚥性肺炎です。
口腔内の菌が食物や唾液とともに肺に入り込み肺炎をおこす病気ですが、歯周病菌が肺炎を引き起こす原因菌の一つになっています。

歯周病菌は心筋梗塞とも深い関連性があります。
悪化した歯槽膿漏では歯周病菌がリンパ管を経て血液内に侵入します。
血液内に入った菌は白血球によって攻撃されるのですが、一部はその攻撃を逃れる性質を有しています。
その菌が血小板に作用し、血液が固まりやすくなり血栓を作り、心筋梗塞の原因になるということが判明しています。

このように恐ろしい歯槽膿漏ですが若い時から口の中の健康に注意を払い生活をすることで簡単に防ぐことができるのです。
8020運動の推進が成果を出してきつつありますが、まだまだ歯科の受診率は高いとは言えません。
ひどくなる前に予防や治療を行うことで生涯自分の歯で食事を楽しむことができるでしょう。